AdSenseチームから広告配信停止の警告メールが!どう対応したらいいの?

図1

2016/01/15 マネタイズ公式ブログ 

AdSense

長い期間AdSenseを運用していると、どこかのタイミングでポリシー違反の警告を受けることがあります。Googleから警告メールが届いた時はほとんどの人がびっくりするはずです。ただ、警告メールが届いたからといって慌てることはなく、しっかりと対処すればまったく問題ありません。

大切なことは自分のウェブサイトを見なおして、Google Adsenseのポリシーに沿った内容に修正することです。慌てず落ち着いて一つ一つ対応していきましょう。

何かしらの規約違反をしているとこのようなメールが届きます。なお、違反の内容によってメールの文言は変わります。

 

1

 

このような警告メールが届いたら、3 営業日(72時間)以内にウェブサイトの内容修正をする必要があります。3 営業日が経過すると、自動的にブログの内容チェックが行われます。なお、ブログの修正後は「ポリシー違反」セクションの「解決済みにする」をクリックして、変更内容を短いフォームに記入してください。

 

2

右上部の設定アイコンからステータスを選択します。

ポリシー違反に該当している箇所を修正したら、「解決済みにする」という項目をクリックし、修正した内容を選択します。これでステータスが解決済みになります。あとはGoogleのチェックを受けて、問題がなければそのまま運用できます。

 

3

 

AdSenseのポリシー違反には3種類あり、一番軽いものがいま説明した「警告」になります。警告を受けた箇所を期限内に修正しなかった場合、ブログへの広告配信は停止されます。あるいは、著しい違反に対しては直ちに広告配信を無効にする措置が取られる場合もあります。アカウントが停止されると即時に収益の支払いが保留され、約30日間AdSense広告が表示されなくなります。この「広告配信の停止」状態が、ブログ全体を調査し必要な是正装置を講じていただくための最後の機会となります。ブログを修正し停止期間が終了すると、アカウントが自動的に有効となり支払いの保留は解除され広告が表示されるようになります。

ただし、アカウント自体のモニタリング(監視)は継続されます。さらなる違反が発生した場合には「AdSenseアカウントの無効化」という措置になり、今後Google AdSenseを利用することはできなくなりますので、ウェブサイトを修正したからといって慢心せずプログラムポリシーに沿った運用を心がけましょう。

なお、以下のヘルプページで広告配信の停止やアカウントの無効化について解説されていますので、熟読しておきましょう。

広告またはアカウントの無効化/ホームページのポリシー通知

広告またはアカウントの無効化/ウェブサイトへの広告配信が停止された場合

広告またはアカウントの無効化/ポリシー違反によるアカウントの警告と停止

 

Written by Googleマスター


このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleパートナーロゴ