どのページが収益を上げているのかを知ろう!

NO17_TOP

2016/01/22 マネタイズ公式ブログ 

AdSense Analytics

Google AdSenseのパフォーマンスレポートでは「ウェブサイトごと」あるいは「広告ユニットごと」といった分類で収益が確認できます。しかし「どのページがどれだけの収益を上げているか」といったより詳細なデータは確認することができません。

そこで登場するのがGoogleアナリティクスです。Google AdSenseとGoogleアナリティクスを連携させることにより、Googleアナリティクスの管理画面内でGoogle AdSenseの収益性の高いページを確認することができるようになります。

 

17-01

 

Googleアナリティクスを開いたら、画面左に表示されるメニューから「行動>サイト運営者>サイト運営者のページ」を選択します。これで各ページがどれくらい収益をあげているのか、といったデータが表示できます。

 

17-02

 

Googleアナリティクスではページごとに、Google AdSenseの収益額やクリック数、クリック率、有効CPM(RPM)などが確認できます。データを見て「このページは収益額が高い」「あのページの広告はクリック率が低い」と思うだけで終わらせるのではなく、クリック率の高いページに共通している要素は何かあるのか、RPMが高いページに何か共通しているテーマやジャンルなどがあるのか、といったページごとの特徴や傾向もぜひ意識しながら確認するようにしてみましょう。

そしてデータを眺める中で何か気になるポイントが見つかれば、そこから仮説を立て、ページ内に反省させて、変更した結果がどうなったのかを検証し、効果が出ていれば続ける、効果が見えなければ戻すといった改善に繋げていきます。こうした分析→仮説立案→実行→検証→確認の繰り返しが、ウェブサイトの収益性をより高めていくためには重要となります。

 

17-03

 

さまざまな角度からの分析を
Googleアナリティクスで確認できるAdSense収益に関するデータは、はじめに表示されるリスト形式だけではなく、円グラフ、棒グラフといった他の表示形式に変更して確認することも可能です。データの表示形式を変えてみることで、視覚的に受ける印象が変わる(新しい事象に気付ける)ケースもあります。ぜひこういった機能も活用し、さまざまな角度からデータを検証してみましょう。Google AdSenseのデータに慣れていない人向けの資料などでは、数値よりも視覚で直感的に理解できるものの方が好まれる場合が多いですので、この機能はかなり活用できるはずです。

さらにGoogleアナリティクスで確認できるこれらのデータは、メールに添付して送る、CSV形式のファイルに外部出力するといったことにも対応しています。Google AdSenseとGoogleアナリティクス、2つのサービスのデータを統合して分析することで、運営するウェブサイトの足りない部分、今後さらに強化すべきポイントなどがより可視化されていきます。

 

Written by Googleマスター


このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleパートナーロゴ