読み手に優しい記事の書き方とは

Blog text and pencil , This is a computer generated and 3d rendered picture.

2016/02/10 マネタイズ公式ブログ 

Access UP

自分自身しか読むことのない日記のような内容の文章であれば、自分の好きなように、自由に文章を書いてもよいでしょう。しかし、書く人みんながそうとは限りません。

例えばこのブログを読んでいる人に関しては「ブログのアクセスアップ」。あるいは「ブログでの収益化」を目指している人が多いはずです。もっと細かく分類すると、「ブログやウェブサイトとGoogle AdSneseを組み合わた収益の最大化」を見込んでいることでしょう。
こういったことを意識しているのであれば、自分の好きなように書くだけの”自己満足な記事”ではなく、ディスプレイの先にいる読者の事も考えた”読み手に優しい記事”を書いてみましょう。


読み手に取って優しい記事とは?

では、”読み手に優しい記事”とはどのようなものを指すのでしょうか。これはズバリ、「適度な文量(文字数)で段落分けがされている」「日常的に使われている平易な言葉で書かれている」というふたつのポイントをしっかりとおさえた記事です。

例えば自分の得意なことを説明する記事を書いている場合。得意なことを説明しようとするとどうしても自分が知っている、その分野での専門用語や業界用語を使いがちになります。こういった用語を用いて書かれた記事は、その分野に精通している人が読めばすぐに内容が理解できます。
しかしインターネット上で検索してやってくる読者の多くは基本的に「分からないから調べている人」、端的に言えば「その分野においては素人」であるケースが大半です。こういった知識がない人が専門用語ばかりで書かれた記事を読んでも、内容を理解するのが難しいであろうことは容易に想像できるのではないでしょうか。


ユーザー目線で単語を選定する

具体的な例をひとつ挙げてみるとすれば、スマートフォンの操作用語が分かりやすいかもしれません。現在では若者から年配者まで幅広い人が使用しているスマートフォンですが、この操作方法を示す専門用語としてタップ(指でタッチする)やスワイプ(指で弾く)といったものがあります。

これらの言葉はある程度スマートフォンに関する知識がある人にとっては一般的な用語かもしれませんが、初心者にとっては聞き慣れない言葉である場合があります。

スマートフォンの使い方を解説している初心者向けのブログで、解説するために専門用語ばかりを用いて記事を書いていると、当然ながら使い方を調べたくて訪れた初心者ユーザーは内容をまったく理解できません。そして、残念なことに訪問者は満足すること無くそのまま去っていってしまいます。解説を行なうブログにおいては、そのブログを読みに来てくれるであろう読み手のことを考え、テクニカルな用語を使いすぎることのないように意識する必要があります。
もし記事を書く中で「わかりづらい単語では?」と思うのならば、何か他の平易な単語に置き換えて表現することができないか、あるいは補足説明として辞典の引用文を掲載するなど工夫はできないか、といったことを考え、”読み手に対する気遣い”を意識してみましょう。類語辞典を活用することも効果的です。


文字数も意識仕様

併せて、一記事あたりの文字数も考慮してみましょう。1記事あたりの文字数が500~1,000文字ぐらいであれば、読み手が負担を感じることはないでしょう。
一方、もしこれよりも長くなるようであれば、前後編や三部作に分割するなど工夫をしてみましょう。あまりに長過ぎる文章は最後まで読んでもらえない傾向が強いので、言いたいことをコンパクトにまとめて提供するよう、心がけましょう。

Written by Googleマスター


このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleパートナーロゴ