検索エンジンに好まれる記事の書き方を意識する

名称未設定

2016/02/25 マネタイズ公式ブログ 

SEO

現在は Facebook や Twitter、Google+ などのソーシャル・ネットワーキング・サービスが浸透してきたことで、検索エンジンだけに集客を頼る必要性は薄れてきました。しかしそれでも、基本的なことをしっかりと学び、理解しておくことに越したことはありません。今回は検索エンジンに好まれる記事を書くために意識すべき「文章やキーワードの構成」について解説します。

 

1.記事のタイトルにキーワードを記載する

物事を調べる際にもっとも簡単に、かつ効率よく使用できる便利な検索エンジン。しかしこの検索エンジンは万能ではありません。

例えば記事タイトルや文章内に書かれていない単語は、記事の内容とどれほど深い関連があったとしても検索結果に反映・表示させることはできません。それはいくら天才が集まるGoogleといえど、です。

ですので、記事のタイトルには「その記事のテーマとなっているキーワード」を必ず入れておきましょう。

化粧品の使用感を書くのであればその商品名を、スマートフォンアプリの紹介をするのであればそのアプリ名を、旅行記を書くのであれば観光地の名前をタイトルに入れる。こうすることではじめて、検索エンジンはそのキーワードに関連した内容で書かれている記事ということを認識します。

 

2.本文内にも適度にキーワードを散りばめる

記事のタイトルにキーワードを入れたら、次に意識したいのが「本文内にも同様に検索エンジンにヒットさせたいキーワードを盛り込む」ことです。記事の本文内ではメインテーマとなるキーワードをさらに分解した、細々とした単語を入れることも効果的です。

例えば家電製品であれば商品名だけでなくその型番も、サッカーであればチーム名だけでなく選手名も、ペットであれば犬種や猫種も、といったように。より細かく絞ったキーワードを盛り込むことで、より絞った読者層へ情報を届けることができます。

そして本文内に必要だと思われる情報をもれなく載せておくことで、1件、2件、といった小さなアクセスを呼びこむことができるようになります。さらに、この小さなアクセスを積み上げることで、次第に大きなアクセスを呼びこむブログへと育っていくのです。

 

3.自分のブログ内で関連記事にリンクを張る

ブログを開設してから1ヶ月以上記事を書いていれば、いくつか関連する記事、あるいは続き物の記事ができてくると思います。もしそのような状況があれば「参照記事としてリンクを張って複数の記事を繋いでみる」ことも有効な方法といえます。

なおここまでに触れた3つのポイントを考えると「検索されたいキーワードはたくさん入れれば入れるだけ効果がでる」と思う人もいるかもしれません。しかしそれはかえって逆効果となってしまうので、ここも注意が必要です。

確かに検索エンジンは機械であり、タイトルや本文内に散りばめられたキーワードを使って検索結果へと反映しています。ですが、その検索エンジンで使って検索を行ない、実際に記事にたどり着く読み手は人間です。もしあなたが検索エンジンを使い、とあるブログに訪れたとします。その際、記事の内容が単語の羅列になっているだけで意味がわからない文章であれば、読まずに別のサイトへ行ってしまいませんか?また検索エンジンもそのような意味を成さないブログは検索上位に表示しないよう、しっかりと考えられた仕組み(アルゴリズム)が日々実装されています。ですので、必要なキーワードはきちんと盛り込み、なおかつ、文章としてしっかりと価値を生める記事を提供していきましょう。

Written by Googleマスター


このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleパートナーロゴ