広告収益性の高いページのアクセス数を増やすためにできること

access word taken away by hand over white background

2015/12/01 マネタイズ公式ブログ 

AdSense Analytics

ウェブサイト内に収益性の高いページがあれば、そのページのアクセス数を増やすことで収益を増加させることが可能になります。しかし、アクセス数を増やすといっても、現実にはそう簡単にできることではありません。

そこで単体でアクセスを増やすのではなく、すでにアクセス数の多いページから収益性の高いページに、作為的に訪問者を誘導していく工夫が必要になります。

 

キーページを抽出しよう
GoogleアナリティクスとGoogle AdSenseのデータを連携させることで、収益性の高いページ、あるいはアクセス数の多いページといったものを抽出することができます。

Google AdSenseとGoogleアナリティクスの連携方法はこちらのヘルプページをご確認ください。

収益性の高いページはGoogle アナリティクスのレポート確認画面にて、サイドバーの「行動>サイト運営者>サイト運営者のページ」から確認することができます。

11-01

 

またアクセス数の多いページは「行動>サイトコンテンツ>すべてのページ」から確認することができます。

11-02

 

ページの導線作りについて
収益性の高いページとアクセス数の多いページをそれぞれ確認し、結果(上位にきているページ)が似たような内容になっていれば、収益性の高いページにアクセスも集まっている と想定できます。このような状況となっていれば理想的であり、特に問題はありません。

しかし大体の場合はそうはなっていないことがほとんどです。確認した結果、収益性の高いページにアクセスが集まっていないことが認識できたら、アクセス数の多いページから収益性の高いページへ導線を作りましょう。

 

導線の作り方についてはいくつか方法があります。

例えばアクセス数が多いページと関連性のある情報を収益性の高いページに追記し、そこにリンクを貼ってみるのもよいでしょう。

記事の下やサイドバーに「よく読まれている記事」「オススメの記事」「関連性のある記事」といった情報を配置し、記事を読み終わった読者に他の記事をもう1つ読んでもらえる(回遊性を高める)仕組みを導入する、といった工夫も有効です。

 

リンクの関連性はGoogle Search Consoleを利用する
Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)を使うと、ウェブサイト内のリンク状況を確認することができます。例えば、同じウェブサイトの他のページから該当ページへ内部リンクがどれだけ貼られているのか、といったことも一覧で見ることができます。

11-03

11-04

確認してみて、もし、アクセス数の多いページから収益性の高いページへリンクが貼られていない、あるいは収益性の高いページへのリンク数が少ない、といった状況であれば早急に対策を行いましょう。

 

SNSでのシェアの注意点
TwitterやFacebookといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用して収益性の高い記事をシェアし、フォロワーに記事の存在を認識してもらう施策も有効です。

しかしSNSの本質は宣伝ではなく、読者との交流や関係性の強化が主となります。過度に告知だけを繰り返していると、フォロワーは嫌になって、あなたのウェブサイトを訪れたいと思わなくなってしまいます。

SNSは告知方法としては非常に有効ですが、フォロワーとの交流がメインとなることを意識し、役立つ情報・面白い情報をシェアするとともに、たまに自分のウェブサイトの宣伝を行うといったバランス感覚を持って利用することが重要です。

 

Written by Googleマスター


このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleパートナーロゴ