[最新版] Google AdSense申込から始めよう!ウェブメディア マネタイズ!

いままで比較的に様々なアドテク情報を公開してきた弊社ブログですが、
今回は原点に戻り、「Google AdSenseの始め方」を紹介したいと思います。

これからウェブメディアやブログを始めていきたい方々にとって、収益化(マネタイズ)を目指していくためのスタートラインの参考になればと思います。

AdSenseの申請の公式ドキュメントはこちらになります

簡単な情報を入力するだけで登録を始められますが、そこから1次審査と2次審査の2回の審査を経て、正式登録となります。

本ブログはこれらをキャプチャを交えてちょっとだけ詳しく説明したいと思います^^

 

 

スクリーンショット 2016-06-17 13.54.25

お申し込みはこちら」をクリックして、AdSenseアカウントの登録を始めましょう

 

  • Google AdSenseはGoogleアカウントを使います。

Gmailアカウントなどを持っている方はそれを使って登録していきましょう。

 

スクリーンショット 2016-06-17 13.54.38

 

 

  • 申込するサイトのurlとコンテンツの言語(日本語)を選びます。

スクリーンショット 2016-06-17 13.55.25

 

  • 以下の項目を入力し、「お申し込みを送信」をクリック。

 

 

Screen Shot 2016-06-17 at 13.58.02

利用規約に同意して申込を完了しましょう!

 

 

スクリーンショット 2016-06-17 14.01.49

 

  • ここから1次審査が始まります。

 

Screen Shot 2016-06-17 at 14.02.11

終わり次第に、登録したGmailアドレスに次の案内が届きます。

次は、最初の広告枠を作成して、2次審査を始めましょう!

つづく

 

Written by rororo

 

ブラウザで常に収益を確認できるようにしよう!

Googleが開発するウェブブラウザ Google Chrome(グーグル・クローム)には、 Google AdSenseでの成果を確認するためにGoogle自らが公式の拡張機能として提供する「Google Publisher Toolbar(グーグル・パブリッシャー・ツールバー)」というものが存在しています。

Chromeブラウザにこの「Google Publisher Toolbar」をインストールすると、Chromeブラウザを開いた状態でならば、Google AdSenseの管理画面を直接開かずとも、簡易的にGoogle AdSenseの日々の成果を確認することができます。

「Google Publisher Toolbar」を利用するには、まず普段使用しているパソコンにChromeブラウザをインストールします。
Google Chromeブラウザ

 

Chromeブラウザのインストール完了後に起動し、Chromeウェブストアにアクセスします。Chromeウェブストア

 

そして、Chromeウェブストアで検索バーに「Google Publisher Toolbar」と入力し、検索ボタンをクリックします。該当するものが見つかったら、「+ CHROME に追加」のボタンをクリックして、インストールしましょう。

 

20-01

 

インストールが完了したら、アドレスバーの右隣に表示されるアイコンをクリックし、Google AdSenseの機能を有効化します。

 

20-02

 

すると、Google Publisher Toolbarが権限の許可をリクエストしてきます。求められているアカウントは「承認する」をクリックします。なおGoogleアカウントを複数所有している場合は、権限の許可をリクエストされているアカウントがAdSenseのアカウントであることを必ず確認してから承認するようにしましょう。

 

20-03

 

承認後、再度アドレスバーの右隣に表示されるアイコンをクリックすると、Google AdSenseの見積もり収支額を確認できるようになります。

 

20-04

 

その他の便利な使い方

「Google Publisher Toolbar」では1つのGoogle AdSenseのアカウントに紐付いている本日、昨日、今月(現時点まで)、前月の4つの見積もりが確認できます。またカスタムチャネルやURLチャネルを作成していれば、チャネルごとに期間を設定して見積もり収支額を表示させることも可能です。

「Google Publisher Toolbar」には他にも広告ユニットごとの成果、あるいは自分が運営しているサイトであれば実際に表示されている広告から広告主の情報を調べることもできる便利な機能です。Google AdSenseを使っている場合は必須といってもよいツールですので、Chromeブラウザを普段使用していなかったという場合は、Chromeブラウザと「Google Publisher Toolbar」をセットでパソコンにインストールしておくとよいでしょう。

 

Written by Googleマスター

読み手に優しい記事の書き方とは

自分自身しか読むことのない日記のような内容の文章であれば、自分の好きなように、自由に文章を書いてもよいでしょう。しかし、書く人みんながそうとは限りません。

例えばこのブログを読んでいる人に関しては「ブログのアクセスアップ」。あるいは「ブログでの収益化」を目指している人が多いはずです。もっと細かく分類すると、「ブログやウェブサイトとGoogle AdSneseを組み合わた収益の最大化」を見込んでいることでしょう。
こういったことを意識しているのであれば、自分の好きなように書くだけの”自己満足な記事”ではなく、ディスプレイの先にいる読者の事も考えた”読み手に優しい記事”を書いてみましょう。


読み手に取って優しい記事とは?

では、”読み手に優しい記事”とはどのようなものを指すのでしょうか。これはズバリ、「適度な文量(文字数)で段落分けがされている」「日常的に使われている平易な言葉で書かれている」というふたつのポイントをしっかりとおさえた記事です。

例えば自分の得意なことを説明する記事を書いている場合。得意なことを説明しようとするとどうしても自分が知っている、その分野での専門用語や業界用語を使いがちになります。こういった用語を用いて書かれた記事は、その分野に精通している人が読めばすぐに内容が理解できます。
しかしインターネット上で検索してやってくる読者の多くは基本的に「分からないから調べている人」、端的に言えば「その分野においては素人」であるケースが大半です。こういった知識がない人が専門用語ばかりで書かれた記事を読んでも、内容を理解するのが難しいであろうことは容易に想像できるのではないでしょうか。


ユーザー目線で単語を選定する

具体的な例をひとつ挙げてみるとすれば、スマートフォンの操作用語が分かりやすいかもしれません。現在では若者から年配者まで幅広い人が使用しているスマートフォンですが、この操作方法を示す専門用語としてタップ(指でタッチする)やスワイプ(指で弾く)といったものがあります。

これらの言葉はある程度スマートフォンに関する知識がある人にとっては一般的な用語かもしれませんが、初心者にとっては聞き慣れない言葉である場合があります。

スマートフォンの使い方を解説している初心者向けのブログで、解説するために専門用語ばかりを用いて記事を書いていると、当然ながら使い方を調べたくて訪れた初心者ユーザーは内容をまったく理解できません。そして、残念なことに訪問者は満足すること無くそのまま去っていってしまいます。解説を行なうブログにおいては、そのブログを読みに来てくれるであろう読み手のことを考え、テクニカルな用語を使いすぎることのないように意識する必要があります。
もし記事を書く中で「わかりづらい単語では?」と思うのならば、何か他の平易な単語に置き換えて表現することができないか、あるいは補足説明として辞典の引用文を掲載するなど工夫はできないか、といったことを考え、”読み手に対する気遣い”を意識してみましょう。類語辞典を活用することも効果的です。


文字数も意識仕様

併せて、一記事あたりの文字数も考慮してみましょう。1記事あたりの文字数が500~1,000文字ぐらいであれば、読み手が負担を感じることはないでしょう。
一方、もしこれよりも長くなるようであれば、前後編や三部作に分割するなど工夫をしてみましょう。あまりに長過ぎる文章は最後まで読んでもらえない傾向が強いので、言いたいことをコンパクトにまとめて提供するよう、心がけましょう。

Written by Googleマスター

AdSenseチームから広告配信停止の警告メールが!どう対応したらいいの?

長い期間AdSenseを運用していると、どこかのタイミングでポリシー違反の警告を受けることがあります。Googleから警告メールが届いた時はほとんどの人がびっくりするはずです。ただ、警告メールが届いたからといって慌てることはなく、しっかりと対処すればまったく問題ありません。

大切なことは自分のウェブサイトを見なおして、Google Adsenseのポリシーに沿った内容に修正することです。慌てず落ち着いて一つ一つ対応していきましょう。

何かしらの規約違反をしているとこのようなメールが届きます。なお、違反の内容によってメールの文言は変わります。

 

1

 

このような警告メールが届いたら、3 営業日(72時間)以内にウェブサイトの内容修正をする必要があります。3 営業日が経過すると、自動的にブログの内容チェックが行われます。なお、ブログの修正後は「ポリシー違反」セクションの「解決済みにする」をクリックして、変更内容を短いフォームに記入してください。

 

2

右上部の設定アイコンからステータスを選択します。

ポリシー違反に該当している箇所を修正したら、「解決済みにする」という項目をクリックし、修正した内容を選択します。これでステータスが解決済みになります。あとはGoogleのチェックを受けて、問題がなければそのまま運用できます。

 

3

 

AdSenseのポリシー違反には3種類あり、一番軽いものがいま説明した「警告」になります。警告を受けた箇所を期限内に修正しなかった場合、ブログへの広告配信は停止されます。あるいは、著しい違反に対しては直ちに広告配信を無効にする措置が取られる場合もあります。アカウントが停止されると即時に収益の支払いが保留され、約30日間AdSense広告が表示されなくなります。この「広告配信の停止」状態が、ブログ全体を調査し必要な是正装置を講じていただくための最後の機会となります。ブログを修正し停止期間が終了すると、アカウントが自動的に有効となり支払いの保留は解除され広告が表示されるようになります。

ただし、アカウント自体のモニタリング(監視)は継続されます。さらなる違反が発生した場合には「AdSenseアカウントの無効化」という措置になり、今後Google AdSenseを利用することはできなくなりますので、ウェブサイトを修正したからといって慢心せずプログラムポリシーに沿った運用を心がけましょう。

なお、以下のヘルプページで広告配信の停止やアカウントの無効化について解説されていますので、熟読しておきましょう。

広告またはアカウントの無効化/ホームページのポリシー通知

広告またはアカウントの無効化/ウェブサイトへの広告配信が停止された場合

広告またはアカウントの無効化/ポリシー違反によるアカウントの警告と停止

 

Written by Googleマスター