社会支援 -Social support-

フォーエムでは、全ての関わる人々の心物両面の幸せを実現するために、事業利益の一部を通じて、地域・国内・海外支援を行っています。

会社は関わる人々に支えられて存在できています。よって、自分の会社さえ良ければではなく、関わる人々とも益を分かち合い、会社の成長と共にその輪を広げていけるような会社でありたいと考えています。

地域支援 – Area –

花火 地域支援

地域の人々に古くから愛され続けている鎌倉の花火大会。フォーエムが本社を構えた2016年度よりスポンサーとして支援を始めました。

その他、鎌倉駅前付近の清掃や企業誘致、雇用創出含め、今後も地域に貢献していきながら、鎌倉に愛される会社を目指します。

国内支援 – Domestic –

震災 国内支援

熊本震災が発生した直後に、「困っている人がいるので、会社としてできることをしたい」と社員のH君から提案があり、協議した結果、事業利益の一部を寄付しました。

東日本大震災後、日本人の一致団結し、助け合い、励まし合って困苦に耐え抜く国民性に世界中から驚きと称賛が寄せられたことを記憶しています。

震災大国である日本では、今後も地震や津波から逃れることはできません。今度はいつ我が身に降りかかるか分かりませんが、震災で困った人がいる場合には、助け合いの精神で支援していきます。

海外支援 – Overseas –

フォーエムでは、事業利益の一部を通じてカンボジアの教育支援をしています。

公益財団法人シーセフ法人サポーターとして、ベテラン教師を日本から派遣し、教育レベルを向上させる教育の仕組み作りを支援しています。

カンボジアでは、ポル・ポト政権下に行われた知識人の大量虐殺により、教育レベルが低い状況が続いています。学校校舎はあるものの、慢性的な教師不足に陥っているのが現状です。意欲はあるのに十分な教育を受けられない子供たちもたくさん存在しています。

そんな子供たちに対して学校教育と共に古き良き日本の精神を伝え、日本を好きになってもらい、将来、労働人口が減少する日本に働きにきてもらう。また、十分な教育を受けられないのに目を輝かせて真剣に学ぼうとする子供たちの姿を日本の子供たちに伝えていく。この両方の活動の行き着く先に日本と世界の明るいひとつの未来があると考えています。

▼Yahoo!ニュース掲載記事
「未来を見据える中小企業経営者(大久保秀夫塾生)が、カンボジアの現地視察に」
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=736&&country=6&&p=2

Googleパートナーロゴ